中国で中国茶を

学ぼう 買おう 楽しもう



お茶の淹れ方

How To Brew Tea

 お茶の淹れ方を説明するページです。

このページは私が茶葉を贈った日本在住の方宛にどのようにお茶を淹れるかを伝える目的で作りました。

 良かったらみなさんも参考にしてください。

 

緑茶の淹れ方

龍井、黄山毛峰、などなど緑茶はほとんどこの方法が使えます。

簡単に言えば、グラスに茶葉を入れて沸騰後少し冷ました湯(75−85℃)を入れたらOKです。

 

 greenteabrew.jpg

greenteabrew0.jpg

greenteabrew1.jpg

greenteabrew2.jpg

中国緑茶は急須を使わずともコップで淹れられます。日本茶のように細かく切られてない為、茶葉の形が茶樹から摘まれたそのままの形。だから濾さなくても大丈夫。口に葉が入って来るときがありますが、これは中国人でも同じ。食べたり、ひょいと捨てたりします。お気に入りのコップで。

緑茶は芽の繊細さや鮮やかな色、美しい葉の動きを楽しむと、心にもおいしい♪ということでグラスが良く使われます。

まずグラスを温めます。1/3から1/4程湯を注ぎます。温めてないと適切な温度のお湯を注いでも温度が急に落ち、意図しない温度(味)になってしまいます。

グラス全体を湯で温めるようにグラスを回しながら湯を捨てます。二人分以上あれば、湯を移し変えながら温めてもいいですね。水の節約♪

(両手でグラスを持って排水が見た目美しいです)

 

greenteabrew3.jpg

greenteabrew4.jpg

greenteabrew5.jpg

greenteabrew6.jpg

茶葉を3g程入れます。 

(150〜180ccのグラスの場合)

茶葉:水は1:50〜60

大体底から指の幅一本が目安でしょうか。最初は「だいたい」で入れて2回目以降で好みに合わせていったらいいと思います。

グラスの1/3まで湯を注ぎます。温度が高すぎると苦味が出すぎ甘みが隠れます。75-85℃が甘苦のバランスがよく、緑茶の清らかで爽やかで甘ーいという持ち味を引き出します。茶葉に直接湯を当てず、グラスの縁に当てて湯を入れます。茶葉に高温の湯を当てると茶葉が傷み清らかな味香りが落ちます。

そしてグラスをゆらゆら回して、茶葉と湯を馴染ませます。

こうすると、お湯を全部注いだ段階ですでに味が出ててすぐにおいしく頂けます。

(ここも両手でグラスを持ったら美しい☆)

 

 greenteabrew7.jpg

greenteabrew9b.jpg

greenteabrew9.jpg

写真の茶葉は四川省の

竹葉青(ちくようせい)を使いました。きりっとすっきり、シャープな濃い目の味です。

北京の老舗茶葉店 呉裕泰(うーゆーたい)では500g400元(6800円)から売っています。 

 

私が「高いね〜^_^;」 と竹葉青の会社の人に言ってみたら、「ホワイトカラーの人たちが飲む茶だよ、大衆茶とは違うんだ」と言ってました。 (・o・) ソーナンテ゛スカ・・


美しくおいしい四川の宝。じっーくりグラスできたい。。。。

 

7〜8分目までお湯を注ぎます。やはりグラスの縁に湯を当てます。おいしく入ったと思います。

やわらかい芽、

ぴんぴん立ってかわいいですね。

目を楽しませてくれます。

グラスで淹れる醍醐味です。

茶水が1/3位になった時点で再度お湯を足します。今度は熱めの湯でもいいです。残った茶水と混ざっていい温度になります。3煎程淹れられます。味がなくなったら茶葉を変えます。

 

 

 

 

 

 

鉄観音の淹れ方

鉄観音は小袋に10gづつ入っています。淹れ方は基本的に下記を注意すればおいしく入ります。

  • 事前に茶器を温める。(100℃のお湯で)
  • 水温は必ず100℃にする。(毎回)
  • 浸出時間を35秒以上にする。(毎回)

 

brewchaju.jpg

中国ではこのような茶具で淹れますが、

下記でも代理できます。

brewjpnchaju.jpg

普通の急須やティーポットで淹れれます。

 

茶葉10g使うので、

約250〜300ccの急須が適します。

 

烏龍茶のめやす

茶葉:水は1:30

 

brewdrain.jpg

急須を温めます

まず100℃の湯を急須に半分ほど入れ温め、

湯を全部捨てます。

brewwenrun.jpg

洗茶します。

茶葉を入れて、100℃の湯を注ぎます。

急須の1/2まで。

6、7秒後さっと湯を捨てます

 

後で茶葉を開きやすくする為です。この茶は飲みません。

brewwenrun2.jpg

1煎目を入れます。

100℃の湯を使います。

そして35秒後湯飲みに注ぎます。

 

濃さが均等になるように交互に注いでください。

急須に茶水を残さないよう注ぎきって下さい。

brewdiyipao.jpg

1煎目の色です。

いい香りがしますが、

少々味が薄いと思われるでしょう。

 

鉄観音は3煎目からぐんと味香りが高くなります。

続けて淹れてください。

 

brewdierpao.jpg

2煎目淹れるときも

温度:100℃

時間:40秒

にしてください。(少しずつ時間を長めにします)

 

香りが上がってきます。蘭のような香りではないでしょうか。そしてまろやかさもでてきます。

飲み終えて、湯飲みについている香りもお楽しみ下さい。

このままずっと7,8煎目まで淹れれます。

温度は100℃と時間は40秒程をキープしてください。

この10gの茶葉で軽く1リットルのお茶が淹れられます。ご家族やお友達とお楽しみください!

茶葉の保存は冷蔵庫でお願いします。

 

 

Mr. DC and Mr. KP

Nihao! This is how to brew Tieguanyin, the best of  best tea in China, which I sent you.

Please follow the instruction.

There are only 3 important things to brew it well.

  • Warm up teapot and teacup beforehand(with 100℃ water)
  • Use 100℃ water to brew(every time)
  • Infusion time is more than 35 seconds(every time)

 

brewchaju.jpg

In china, those tea set is used often.

But you can use Japanese style teapot like the following or English style one.

brewjpnchaju.jpg

One bag contains 10g tealeaves.

Size of teapot, 250〜300ml is appropriate.

 

(Proportion of Tieguanyin to water

is approx. 1:30)

 

brewdrain.jpg

Warm up teapot.

Put 100℃ water in teapot.

Then drain all.

brewwenrun.jpg

Moisten tealeaves.

Put tealeaves in teapot and pour 100℃ water up to half level of teapot.

after 6,7 seconds, drain all the water.

(do not drink this)

 

This is a step to make good tea.

 

brewwenrun2.jpg

Pour water in teapot.(1st brew)

Use 100℃ water.

After 35 seconds, pour into tea cup.

 

Do not leave any water in teapot - drain all.

brewdiyipao.jpg

This is color of 1st brew.

smells good, but maybe taste is a bit watery.

 

The best brew of Tieguanyin is 3rd and 4th brew.

Keep on brewing.

brewdierpao.jpg

2nd brew should be used

100℃ water and infuse 40 seconds.

(Time should be extended little by little) 

 

2nd brew is much more aromatic than 1st one.

Smells like orchid, doesn't it? And mellower.

Drink up then enjoy the aroma rising from inside of the cup.

This tea can be brewed 7-8 times.

Use 100℃ water and infuse 40 seconds every time.

This 10g of tealeaves can make more than 1000ml tea.

Enjoy it with your partner and friends!

Please keep the tealeaf bag in fridge to keep the quality.